赤ちゃんのアレルギー対策は3歳までが大切

当サイトは以下のことについてお話しています。
  • 妊娠中で赤ちゃんが病気にならないように気をつけたい人
  • 病気にならないように子育てをしている人
  • 病気の赤ちゃんをよくしたい人

遺伝とアレルギー反応

妊娠中の方は、アレルギー体質が赤ちゃんに遺伝するのでは・・・と心配される方が多いかもしれません。 アレルギー反応は、遺伝する傾向が強いようです。

最近はアレルギー症状のある赤ちゃんが増えているようです。 代表的なものは、アトピー性や小児ぜんそくですが、食物によるアレルギーなど。

アレルギーは必ずしも遺伝するわけではなく、食物傾向や生活習慣からくるものだとも言われますから、親と同じ空間で寝起きし、おなじ物を食べる生活なら、同じような症状が出る場合もありそうですね。

赤ちゃんには、父親のアレルギー反応のほうが、母親のもつアレルギー反応より、より強く出るとも言われます。 かといって、両親ともに全くアレルギー反応は無いのに、赤ちゃんがひどいアレルギー反応を示すこともあります。

日本人の20%ほどの人が、何らかのアレルギー症状で悩んでいると言われる時代ですから、上手に付き合いながら生活していくのも一つの手かもしれませんね。

せっかくの妊娠期間ですから、心配しながら過ごすよりも、楽しく充実した時を過ごされた方が良いのではないでしょうか?

自宅でできるアレルギー検査キット >> 詳細

アレルギー体質で注意したいことは、まずアレルゲン(アレルギーを起こす原因物質)を知ることです。 症状が軽ければ、あまり小さいときから検査をする必要はないかもしれませんが、重症の場合はアレルギーによる反応で、命の危険があることもありえますので、アレルゲンを知ることは大切です。

ハウスダスト、ダニ、カビが原因なら、もちろんお掃除を徹底する必要があります。 食物アレルギーの場合は、そのアレルゲンとなる食品を避ければ、症状は起きません。 簡単そうに思えることですが、これがナカナカ大変なこと。

今まで気にすることがなかった原材料を、一つ一つチェックする必要があります。

母乳を与えている期間は、母親がこれらの食品の摂取を避けなければなりません。 栄養が偏っては成長に差支えがでます。

信頼のできるドクターや栄養士さんに相談をしながら、おおらかな気持ちで子育てを楽しめるといいですね。

アトピーの改善・情報
アレルギー対策食品
洗剤を使わない細菌の除菌
アレルギー予防に無農薬野菜


キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ
  • Copyright © 2009 赤ちゃんのアレルギーを予防したい方へ。アレルギー改善の仕方· All Rights Reserved·